『見て』『聞いて』『参加して』

 

 『見て』

 

・塩崎おとぎ紙芝居博物館が制作・配給する昭和の街頭紙芝居

 作品(原画)から、勧善懲悪ヒーローものや時代劇・マンガなど

  リクエストに応じて多種多様な作品を公演します。

 

 

 

 

『聞いて』

 

・塩崎おとぎ紙芝居博物館 理事の近藤ひろあき先生に

 師事し、平成24年に同団体の認定紙芝居師になり

 ました。

 声色を変えユーモアを交えながらテンポよく、時に弁士

 のようにじっくり となど、作品に応じて語ります。

 

『参加して』

 

・単に見るだけ・聞くだけではなく、お客さまとの掛け合い

 を重視しています。

 紙芝居式のクイズも含め、『お客さま参加型イベント』と

 して公演しています。